リノベーションとは?リフォームとはどこが違うの?

リノベーションとは?リフォームとはどこが違うの?

リノベーションとリフォームは、どちらも家に手を加えることから似ているイメージですが、実はどこが違うのか気になるのではないでしょうか。
リノベーションとは手を加えて修復、再生する意味の他に、改革や刷新といった意味があります。
対するリフォームは改築や改装のことなので、リノベーションとは似ているようで違います。
老朽化した設備を新しくしたり、家族の増加に合わせて増築する場合に用いられる言葉ですが、リノベーションはもっと大規模で大胆なイメージです。
具体的には2階建ての1階を住居からカフェにしたり、自宅の一室に教室を造って塾にするなどです。
つまり、リノベーションとは単なる修繕ではなく、用途を変える作り変えと考えることができます。
付加価値を加えるという意味もありますから、ただ単に修繕するのみではリノベーションとはいえませんし、やはり似ているようで混同されることもありますが、決定的に異なるのではないでしょうか。

住宅におけるリノベーションとは範囲が広く一連の流れの事例を理解すること

リノベーションとは住宅に対して、広範囲にわたるリフォームを行う方法になり、リフォームの場合は数か所に留まるものの、リノベーションとは大規模改修工事に相当するものなので、間取りの変更等も含んで作業を行うことが一般的です。
事例の中にはリノベーションによって総2階の住宅へと変更をしたり、間取りを変えるために壁を撤去してリビングの面積を広くしたりすることが多い傾向にあります。
作業の範囲が広いことで同時にキッチンやバスルーム、トイレに対しても全てを新しくして位置変更を行う方法や、面積を広くする方法なども人気があります。
この一連の流れは依頼先の会社によって順序良く作業工程を決めることを行っているので、工事の期間は施工内容で異なるものの、施工会社側では最短で済ませられるように手配をしていることも一般的です。
住みながらのリノベーションが可能な場合と、完成するまで賃貸物件に住む必要があるなど、この範囲も施工内容により違いがあります。