リノベーションとは?リフォームとはどこが違うの?

リノベーション費用はいくらかかる?戸建てとマンションの相場の違い

リノベーション費用というと総じて高いイメージですが、具体的にいくらくらいかかるのか、戸建てとマンションの相場も含めて違いを知りたいのではないでしょうか。
戸建ては間取りの変更や機能にもよりますが、最低でもリノベーション費用に1千万円は覚悟が必要です。
間取りを変える大掛かりな工事ではなくても、2階建ての1・2階を吹き抜けにするような工事をすれば、軽く1千万円台半ばを超えます。
逆に、限られた範囲を軽くリノベーションする程度であれば、1千万円以下や500万円前後に収まることもあります。
マンションは1m2あたりの単位に相場があって、だいたい10万円から15万円くらいとされています。
比較的費用が高くなるのは水回りで、水道管の配管を変更したり防水処理などが必要になることから、数あるリノベーション費用の中でも高めです。
リノベーション費用と一口に言っても、戸建てとマンションでも違いますし、面積や工事の内容にもよりますから、やはり見積もりを出してもらって確認することが大事ではないでしょうか。

リノベーション費用を上手に抑えていくポイント

家を持つときに、新築物件の購入以外にも、リノベーションを行う方法もあります。
中古物件を安く購入することにより、リノベーション費用の計算をして、費用を抑えつつマイホームを新しくしていくことができます。
間取りを変更していくなど、今のライフスタイルに合った空間づくりを進めていくことができる点にも注目です。
リノベーション費用を抑えるポイントとして、職人の作業の進め方の工夫に注目することをおすすめします。
床の張替えを行う場合、今ある床の上に新しいフローリングをはってもらうことにより、費用と手間を抑えていくことができます。
いろんな工夫を行うことができるため、簡単にできる方法を選択していけるようにすることも大事なポイントです。
手間を省くことができると、その分作業工程を短縮することができるため、住めるようになる期間も短縮できるようになります。
費用を上手に押せていけるようにしっかりと考えていき、スタッフに相談をして決めていくようにすることをおすすめします。