リノベーションとは?費用を抑えるためのポイントと会社の選び方を詳しく解説

このサイトでは、リノベーションとはどのようなものを指すのかを詳しく解説します。
費用を抑えたい時に知っておくと役立つポイントや、利用する会社の選び方について説明しており、リフォームとの違いも確認できます。
この二つは混同されることが多いのですが、根本的な違いがありますので覚えておきましょう。
また、実際に工事を行うことになった場合にどの程度の費用がかかるのかや、戸建てとマンションの相場の違いに関しても説明します。

リノベーションとは?費用を抑えるためのポイントと会社の選び方を詳しく解説

リノベーションとは何かを知りたい時には、目的を考えるとスムーズに理解できます。簡単に解説すると、リノベーションとは修繕を行って利用する前の状態に戻すものではなく、プラスアルファの価値がつくような手を加えることです。
例えば、デザイン性を重視して室内を統一したり、耐震性を高めるのもこれにあたります。費用を抑えるためには利用する業者をきちんと選ぶことが重要であり、見積もりを事前に出してもらって比較するのが一番です。
会社の選び方のポイントでは、費用が明確であることがとても重要ですので、見積書に分かりにくい部分が無いかをチェックします。
また、担当のスタッフがすぐに連絡を取れるかや、要望をきちんと汲み取ってくれることも大事です。

その1リノベーション費用の相場とは?費用を抑えて満足度を上げるには

リノベーション費用の相場を知る前に、そもそもリフォームとの違いを把握しておくことが重要です。
リノベーションは既にある建物に対して新しい機能や価値を付け加える改装工事のことで、一方で「リフォーム」は老朽化した箇所を修理するなどのケースを指しています。
リフォームは修復してもともとに戻すという意味合いだと考えたほうがよいでしょう。
リノベーションもリフォームも施工の範囲や、どこに力を入れるかによって費用に差が出てきます。
部分的な工事であれば費用は100万円から300万円台です。
リノベーション費用は思っている以上に高いと感じる方がいらっしゃるかもしれませんが、特にキッチンやお風呂場などの水回りだと、配管に関わってくる工事は費用が掛かるものです。
そのようなリノベーションを出来るだけ安く抑えるためには、まずは情報のリサーチが重要です。
複数社から見積もりを取ることも重要ですが、お住まいの地方自治体が「補助金制度」を導入している場合はこれを使わない手はありません。
住んでいる地域と補助金制度でインターネットで検索を掛けて、対象となるかどうかまずは調べてみましょう。
対象となれば、金額を抑えて家計の負担を軽減することができます。

その2リノベーションの会社の探し方とは?

リノベーションを検討する場合には、まず最初に依頼する会社を探すことから始めなければなりません。
探し方としては折込チラシをはじめとし、インターネットなどさまざまな方法がありますが、数ある会社の中からどうやって選べば良いのか分からないという人も多いものです。
このような場合には、いくつかのポイントを押さえる必要があるでしょう。
その一つはリノベーション会社の得意分野と希望する施工内容がマッチングするかどうかです。
一言でリノベーションを扱う会社といっても、デザイン性に強みを持っているところもあれば、耐震設計が得意、水回りの改修が得意など、得意分野により特徴が大きく異なります。
そのため自分たちの希望する改修内容と得意分野が、マッチしているのかを見極めることは重要です。
そして豊富な施工事例や実績があるかどうかです。
ホームページやパンフレットを見てみると、実際に施工された時の例や実績などが掲載されていることでしょう。
このようなものが掲載されていれば、信頼できる証拠とも言えます。
その他にも親切で丁寧なプランニングや対応を行ってくれるかどうか、アフターサービスは充実しているのかなども見極めるようにしましょう。

その3リノベーションの会社を選ぶ時のコツ

リノベーションの会社選びで失敗しないためには、コンセプト・サービス・事例をチェックすることがコツで、どんなに素晴らしい事例があったとしても自分と価値観がマッチしていなければ安心して工事を任せることはできないため、コンセプトがあやふやで一貫していない会社は避けるのが得策といえます。
また、いくつか気になる会社の目星がついたらその会社のセミナーに参加してみるのもコツで、セミナーに参加することで会社の理念が把握できることはもちろん、担当者の温度感などといったホームページの文字情報だけでは分からない肌感を知ることもできます。
リノベーションの会社選びでは、担当者の説明力や人柄・丁寧な対応・納得できる価格などが重要になってくるので、自分の望むプランに即した適切な予算をしっかり決め、その上でコンセプト・サービス・事例を吟味しながら選ぶことが大切になってきます。
コンセプトやサービスはホームページからでもある程度は把握できるので、インターネットで検索してみるのもおすすめです。

その4リノベーションのアフターサービスの内容

リノベーションを行った住宅の施主にとって、施工会社で用意しているアフターサービスについては、契約前にしっかりと話し合いをした上で理解をすることは必須です。
大規模改修工事になるリノベーションでは既存住宅の構造はそのままにして工事を着工することになるので、施工内容次第では無理が生じてしまう可能性はゼロではありません。
施工完了後には施工会社の方と立ち会いで全ての場所を点検することは当然ですが、実際に生活を送っていると不具合が見つかってしまう可能性もあります。
例えば床下に通している給水管が水漏れを起こしている現象や、1年も経たずにカビだらけになる場所があったりと問題になることはあります。
瑕疵担保責任というものがあるので、無料で修理を行ってもらえますが、その後のアフターサービスは会社によって大きく異なるので注意は必要です。
国内で非常に長い期間の保証制度を設けている施工会社の中には20年保証を付けている場合もあり、普通の会社でも10年など長期保証があれば利用しても安心です。
更にサービスが豊富な会社では24時間365日にわたって住宅に問題が生じた際にスピーディーな対応を行っているので、この範囲のサービスが付けられていれば十分ではないでしょうか。

リノベーションの見積もりで気を付けたいポイント

リノベーションは会社で施工方法、工事の手順が異なるため、提案してくれる内容や費用が異なります。家族で要望をきちんと整理し、1社にお願いするのではなく、いくつかの会社に見積もりを依頼して比較しましょう。会社によっては「一式」と記載されており、内容が素人では分からない場合があります。「一式」と記載されていたら、何が含まれているかはしっかり確認が必要です。契約後、工事に必要な内容が含まれておらず、追加で請求される場合があるため、十分に注意してください。大幅に値引きを交渉すると部材の質や工事内容などの品質を落される場合があります。ご自身の要望通りの仕上がりになるか、耐久性は問題がないかなどを確認して、予算とも相談しながら慎重に検討しましょう。 リノベーションは見積もりをしてみると思っている以上に費用がかかります。工事や材質などを一定の水準に保つことを意識しながら、後悔がないよう施工会社を選んでください。

リノベーションの会社を選ぶ時には実績の確認も大切

リノベーションの会社を選ぶ際には、施工実績を確認しておくことが大切ですが、リノベーションの会社もそれぞれで得意分野が大きく異なっています。一戸建てのリノベーションに長けた工務店もあれば、中古リノベーションに特化している会社やデザイン性の高さが売りの建築家・設計事務所などと種類もさまざまなので、希望を明確にしておくことはもちろん、その希望と同じような工事の経験を多く積んでいるかどうかをチェックしてから選ぶことが必要になってきます。似たようなタイプのノウハウが蓄積されている会社であれば、自分自身の希望を施工プランへと反映することに関しても柔軟に対応してもらえる可能性が高まるので、ホームページや資料などに記載されている会社概要や施工実績などを確認しながら、自分の希望を叶えてくれるかどうかをしっかり判断してから選ぶことが重要といえます。最低でも3社以上はピックアップして、その中から金額や施工内容を吟味して決めてみるのもおすすめです。

中古物件をリノベーション工事で貸すメリットとは?

"中古物件を購入して自分で住むのであっても、リノベーション工事を施して綺麗にしてから住む方が快適に住めます。前の家主がある程度の修繕をしていれば、する必要はありませんが、自分なりに工夫を凝らすことは大切です。リノベーション工事を施すメリットはほかにもあります。それは、自分で住むのではなく、他人に住んでもらうことです。つまり、賃貸住宅として貸しに出すことも出来るのです。 もちろん他人様に貸し出す場合には、適当な工事ではいけません。リノベーションで水回り等を綺麗に工事したり、出来れば耐震補強などの工事もその際に行っておけば、安心して貸しに出すことが出来ます。 このように、中古物件であってもいろいろな方法に使用できるのです。特に土地代のみで売りに出されている中古住宅を時々見かけます。そのような物件は建物はあっても、全く価値のないものということですので、リノベーションしてみる価値はあるのではないでしょうか。

リノベーションで築年数はデメリットになることも

リノベーションは現在保有している物件に手を加えることで価値を高めたり、新たなコンセプトを生み出す創造的かつ有益な手法のひとつです。多くのケースでは新築するよりも遥かに低いコストでそれらを実現できることから、不動産を有効活用する方法として検討する方も増えています。しかし、築年数が長い場合はリノベーションを実施することが、特にコストの面においてデメリットになることもあります。経年劣化や老朽化が進めば修繕をしなければならないのはもちろんのこと、耐震基準や省エネ基準などは近年になって法改正が施行されるたびに規準が厳しくなっています。メンテナンスを頻繁に実施しておりその都度基準に合わせた工事を実施済みの物件なら問題ありませんが、長期にわたり放置していた築年数が長い物件の場合、各基準に合わせるには相応のコスト増も覚悟しなければなりません。これらの事情を総合的に検討した結果、コストに見合わないとしてリノベーションを断念したケースも少なくありません。

リノベーションの工事における前後3段階の工程について

リノベーションというと解体を伴う大掛かりなイメージですが、具体的に工程について知らない人もいるのではないでしょうか。確かにリノベーションは解体工事に始まり、配管や電気設備に手を加えたり、下地を作って仕上げる作業があります。大きく分けると前半と後半をそれぞれ3段階に分けることが可能で、下地作りまでが前半となります。リノベーション後半の3段階は造作や塗装、つまり内装などに関わる部分で、次いで設備の取り付けやフローリング貼りに進みます。最後はタイル類の貼り付けや仕上げで、合計6つの段階を経て工事の完了、完成です。最初はスケルトンでむき出しになった配管などを必要に応じて整備し直し、下地や造作で仕上げていく流れです。リノベーションはリフォームに似ていたり共通する部分もありますが、内装や設備の全撤去、配管の大胆な移設も珍しくないです。部分的な工事のケースだと、そこまで大げさではないかもしれませんが、1室まるまるともなれば、全工程を踏む必要のある大掛かりな工事は避けられないのではないでしょうか。

まとめ

リノベーションを行うのには様々なメリットがあります。戸建てやマンションでは費用相場や工事内容も変わってきますので、信頼できるアドバイスをくれたり、アフターサービスなどの充実した会社を探していきましょう。